基礎体温表アプリを使って分かったメリット・デメリット

皆さんは基礎体温をどうやって管理していますか?毎朝の検温だけでも面倒なのに、細かい目盛りを見ながら折れ線グラフを書いたり印刷したりするのは大変ですよね。

最近では基礎体温をスマートフォンのアプリで管理している方も多いと思います。

スマートフォンから基礎体温アプリを調べてみると、無料アプリが100以上も検索されます。

昔に比べて生理周期や基礎体温をきちんと把握しておく必要性が広まり、またアプリによって管理しやすくなったことで、基礎体温がグッと身近になったのかもしれません。

アプリには便利な点がたくさんありますが、本格的に妊活や不妊治療を始めると、紙に記入する基礎体温表の方が便利という声もあります。

基礎体温をアプリで管理するメリットとデメリットを知って、今の自分に合った方法を見つけてくださいね。

基礎体温をアプリで管理するメリットとは?

自動的にグラフ化してくれる

基礎体温を紙に書くときに、細かいメモリを0.1、2、3…と数えるのってちょっと面倒ですよね。

目盛りがズレないように定規を当てたり、1日ズレるとそこから全部消して書き直さなければなりません。

その点アプリなら間違えてもすぐに修正できて、数値を入力すれば自動的にグラフ化され基礎体温の変化が一目でわかるのが最大のメリットです。

基礎体温表を持ち歩かなくてもどこでも見ることができるのもアプリの良さですね。

記入タイプの基礎体温表は、用紙がなくなると途中でやめてしまったり、まとめて付けようと思うと面倒になって続かなくなることも。

アプリならわざわざ用紙を用意する必要もなく無料アプリならお金もかかりません。

 排卵日や生理日を予測してくれる

排卵日や生理日を予測してくれる

基礎体温アプリの一番の魅力は「予測機能」にあります。基礎体温や生理日を2~3周期入力すると、その平均値からおおよその排卵日と生理日を予測してくれます。

低温期や高温期など生理周期のリズムがわかると、生理前のイライラや食欲増加、PMSによる頭痛や気持ちの落ち込みなど、心と体の変化に早く気づくことができます。

体調がよくない時期やイライラする時期が前もってわかっていれば心構えができて気持ちも楽になりますね。

アプリの設定を通知可にしておくと、”今日は排卵日です”  ”生理予定日が近づいています”などを知らせてくれるので、忙しくて生理日を忘れがちな方でも自然と自分の周期を気にかけることができます。

日数や基礎体温の計算はアプリにおまかせ!

1.生理周期の日数

2.低温期と高温期のバランス

3.低温期と高温期の差が0.3度以上あるか

生理周期の日数は、生理が始まった日から次の生理が始まる前日までを数えます。

難しい計算ではないですが、○日から始まって今日が○日だから…と数えるのもちょっと面倒ですよね。

アプリなら、前回の生理日を入力するだけで自動的に計算してくれたり、生理開始日を入力すると、それまでの基礎体温から低温期と高温期の平均値とその高低差が自動的に計算されるんです。

面倒な計算をしなくてもホルモンバランスのチェックができるのはとても便利ですね。

好きなときにチェックや入力ができる

用紙に書き込むタイプは、グラフにするので定規もいるし記入する場所を選びます。

アプリなら電車での移動中や病院の待ち時間など、いつでもどこでもチェックできます。

また、生理前の腹痛や眠気など体調の変化をスタンプで表示させることもできるので、変化に気づいたときに入力しておけば、どの時期にどんな不調が出やすいのか自己管理しやすいメリットもあります。

体重や体脂肪を一緒に管理できるアプリでは、低温期や高温期のホルモンの動きにあわせて、効果的な運動やストレッチ、肌荒れ予防やむくみケアなどの情報が届き、女性の健康をトータル的にサポートするサービスが注目されています。

転送機能で入力間違いなし!

転送機能で入力間違いなし

最近では、スマートフォンを婦人体温計にかざすだけでデータが転送される連動型アプリもあります。

転送機能があれば面倒な入力も必要なく間違いを防ぐこともできます。

カラダのキモチ | アプリ | ドコモ・ヘルスケア
ドコモ・ヘルスケアのカラダのキモチは、月経日・排卵日予測、基礎体温をカンタン管理。月経周期による体や心の変化に合わせて毎日最適な情報をお届け。約10秒で測れるオムロン婦人用体温計と連携。

メールで印刷も簡単!

基礎体温のデータを出力してメールで送れば簡単に印刷が出来てしまう優れたアプリもあります。

アプリの一例ですが、印刷するとグラフとメモ欄が見やすく分かりやすいですよね。

基礎体温アプリ

基礎体温アプリのデメリットとは?

ここまではアプリで基礎体温を管理するメリットをお伝えしましたが、ここからはデメリットも交えて書いてみたいと思います。

病院は紙のグラフが基本?

婦人科や不妊治療専門病院を受診すると、基礎体温をつけていたら見せてくださいと言われることがあります。

先生に見せるときは、基礎体温のグラフが書かれた用紙やノートで見せるのが基本です。

アプリから出力して印刷できればいいですが、プリンタが必要だったり、毎回印刷する手間がかかります。

スマートフォンの画面を先生に見せるのもなんだか恥ずかしいし、昔ながらの先生だと、分かりにくい!と付き返されてしまうという話も聞きます。

どこでタイミングをとったのか、どんな症状があったのか見てすぐに分かる基礎体温表のほうが診察や相談がスムーズです。

受付で診察券と一緒に基礎体温表を提出するところもあるので、病院に行く予定があれば紙に書くタイプを用意しておくといいですね。

アプリの排卵予定日は信じるな?!

アプリの排卵予定日は信じるな

基礎体温アプリを使ったことのある方はお気づきかもしれませんが、アプリの排卵日や生理日は、自分の基礎体温の平均値から割り出した予測値です。

今までの周期から、平均的にこのくらいが排卵日だろうという日にちを予測排卵日として知らせてくれます。

例えば不規則な生理周期だったり、低温期と高温期のホルモンバランスが乱れている場合、そこから導いた排卵予定日は正確とはいえません。

不妊治療などで薬を使って周期を整えると、排卵日が平均より早まることがあります。

当たり前ですが、アプリでは薬を使ったかどうかまで考慮することができません。

アプリが示す予測排卵日の数日後に、排卵日らしき高低差のある基礎体温になっていることも結構あります。

基礎体温を測らずに生理周期だけをアプリで管理している場合はとくに注意が必要です。

例えば生理周期が28日でアプリの予測排卵日が生理から14日目と表示されていても、それを信じてはいけません。

実際に基礎体温を測ってみると、低温期が20日、高温期が8日だとすると、排卵日は生理から20日目ということになります。生理周期だけでは確実な排卵日はわからないんです。

とくに妊活中は、アプリがこうだから…と鵜呑みにしてしまうと、タイミングを逃してしまうこともあります。

アプリが自動的に教えてくれるのは参考程度に留めて、基礎体温やおりものの状態、排卵検査薬など色々な角度から排卵日を予測して、体の変化をメモしておくことが大切です。

アプリでは基礎体温とメモが見にくい!

先ほど印刷データの画像を紹介しましたが、今回使ったアプリ「カラダのキモチ」では、グラフとメモ欄を一緒に見ることが出来ません。

カレンダーの画面に移行すると、えんぴつマークで何かしら自分がメモしたことが分かるようになっていますが、どんなメモをしたのかはさらに日付をタップして画面を切り替えないと詳しいメモをチェックできません。

グラフだけの状態ではいつどんな薬を使ったか、体調はどうだったか分かりにくいのが難点です。

※このアプリは、2017年5月のアップデートでメモ欄も1画面でチェックできるように改善されました!!

スマートフォンの画面で全てを把握しようとするのは虫がよすぎるのかもしれませんが、出来れば基礎体温とその日の症状が一目で分かると便利ですよね。

アプリを乗り換えたいときは一から手入力!

このアプリなんだか使いにくい…と思ったとき、せっかく入力してきた基礎体温も転送できればいいのですが、そこまで便利な機能はありません。

生理日だけならがんばれますが、基礎体温を2~3周期入力するのはちょっと大変です。

今週期から新たにがんばる!と切り替えたいときに、アプリを乗り換えるのはひとつの方法かもしれませんね。

まとめ

アプリのメリットを見ると、自分の周期を知っておきたいけど今は妊娠は望んでいないという方など、自分だけが見る場合におすすめかもしれません。

基礎体温をアプリで管理するデメリットからは、妊活や不妊治療を始めると不便な点があり、アプリ頼みになると排卵日のズレが起こってくるなど心配な面もあることが分かりました。

妊活中に基礎体温をアプリで管理する場合は、アプリと平行して排卵検査薬や病院でタイミング指導を受けるなど、多方面から自分の体と向き合ってくださいね。

ノート型の基礎体温表がおすすめの理由とは?
ノート型の基礎体温表が選ばれる理由と、使える基礎体温表について分かりやすくご紹介。基礎体温管理はスケジュールとセットが基本?PMS(月経前症候群)にも手書きの基礎体温表がおすすめ?おおまかな基礎体温や生理周期を知るにはアプリが便利ですが、生理周期が乱れやすい、妊活や不妊治療を始める方は手書きの基礎体温表が重宝します。