妊活中に飲みたい桑の葉茶の効果・効能

桑の葉茶は他の一般的なお茶と比べて、鉄分、カルシウム、亜鉛などのミネラル類が多く含まれていることから、健康効果が高いお茶として注目されています。

桑の葉茶は薬局などでも売られていますが、漢方などに分類されているため、飲んだことがないという方も多いと思います。

漢方と聞くと、苦そうとか美味しくなさそうと思われる方も多いかもしれませんが、桑の葉茶は香りもよく、とってもおいしいんですよ^^

しかも、妊活中に必要な栄養素がたくさん含まれているんです!

ここでは、桑の葉の歴史や妊活にどう良いのか、栄養や効果について詳しくご紹介したいと思います。

桑の葉茶ってどんなお茶?

桑の葉茶は、その名の通り桑の木の葉からできたお茶です。

桑(クワ)という名前は、カイコが食う葉(くうは)がなまってクワになったと言われています。

桑の木は古くから蚕(カイコ)のエサとして利用されていたため、養蚕業が盛んだった頃は地方のいたるところに桑畑がありました。

桑畑は昔の日本ではよくある風景だったことから、日本の地図記号にも採用されていましたが、現在では外国産の化学繊維の輸入などの影響で絹の生産が減少したため、桑畑は減少し2013年11月以降に発行された地形図では「桑畑」の記号が廃止になってしまったそうです。

中国ではもっとも古い薬物書「神農本草経」の中で桑が生薬としても紹介され、血流の改善や滋養強壮に効果があるとして愛飲されてきました。

日本でも鎌倉時代から桑の葉茶を「不老長寿の薬」と呼んでいたそうですので、とても古い時代から健康維持のために桑の葉茶が利用されていたんですね。

桑の葉(英語名でマルベリーリーフ)はハーブティーとしても利用されています。

ハーブがお好きな方は「マルベリーティー」としてなじみがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

桑の葉茶が妊活に良い理由

桑の葉茶には妊活中に必要な栄養素が多く含まれています。

昔から青汁の主原料というとケールが有名ですが、桑の葉はケールよりも栄養豊富ということで最近では桑の葉が青汁にも使用されています。

桑の葉の抗酸化作用

ビタミンEは抗酸化作用が高く、着床に必要な黄体ホルモンの材料になるため、妊活中には欠かせないビタミンのひとつですが、桑の葉にはケールの約10倍のビタミンEが含まれています。

また、桑の葉に含まれるフラボノイドは体のサビとも言われる活性酸素を除去してくれる働きがあり、細胞の老化を防いで若々しく質の高い卵子を育ててくれます。

桑の葉はリラックス効果も

桑の葉に含まれるカルシウムは一般的なお茶の5〜6倍、鉄分は2倍含まれいて、貧血の予防や、自律神経の乱れからくるイライラの改善など、女性に嬉しい効果が期待できます。

さらにもうひとつ注目の栄養素がGABA(γ-アミノ酸)です。

GABAはチョコレートのパッケージで目にしたことがあるという方も多いと思いますが、GABAはアミノ酸のひとつで、脳や脊髄で神経伝達物質として、脳内の血流を活発にしてくれます。

体内でGABAが不足すると、イライラしたり、不眠になったり、精神が不安定状態になってしまいます。しっかり補っておくことで、ストレスやうつの予防、記憶力アップ、脳の活性化など、神経系への効果が期待できます。

精神を安定させるリラックス効果以外にも、血圧の上昇を抑制する効果もあり、高血圧の予防にも役立つといわれています。

妊活中はストレスが大敵ですが、妊活中だからこそ溜まりやすいものでもありますよね。ストレスを改善することで妊娠力を高めることにもつながりますので、リラックス効果のあるGABAは注目ですね!

桑の葉茶のダイエット効果

桑の葉茶のダイエット効果

桑の葉には他に注目したい栄養素の1つ、DNJという成分があります。DNJは、デオキシノジリマイシンの略で桑の葉茶にしか存在しないといわれています。

食事から摂った糖質は、αグルコシターゼという酵素の働きによって体内に吸収されますが、DNJがこのαグルコシダーゼの働きを弱めることで血糖値の上昇を抑え、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため、ダイエット効果も期待できます

桑の葉茶は食物繊維が豊富なのも特徴で、腸内環境を整え便秘予防にも役立ちます。

パパになりたい男性にも桑の葉茶が効果的

桑の葉には亜鉛が多く含まれていて、優れた海産物並みの含有量があります。亜鉛は精子の生成に必要不可欠ですが、食事で補うのが難しいため、手軽に飲める桑の葉茶は男性におすすめと言えます。

桑の葉茶はノンカフェイン!

桑の葉茶はノンカフェイン!

カフェインは、妊活中はなるべく避けたほうがよいといわれていますが、それはカフェインの血管収縮作用により冷えの原因になることや、ビタミンやミネラルを大量に消費してしまうためです。

コーヒー以外にも緑茶やウーロン茶などのお茶にもカフェインは含まれているため、妊活中はたくさん飲まないほうが良いといわれていますが、なんと!桑の葉茶にはカフェインが含まれていないんです!

ノンカフェインティーなうえ、カリウムやマグネシウムなどのミネラル類も豊富ですので、妊活中はもちろん、妊娠後も安心して飲める健康茶です。

桑の葉のアミノ酸はすごい!

食品のたんぱく質の栄養価を示す方法に「 アミノ酸スコア 」がありますが、その値が100に近いほど良質のたんぱく質とされています。

桑の葉のアミノ酸スコアは、植物性食品の中でも最も高い大豆に匹敵する値を示しています。

さらに桑の葉茶に含まれる必須アミノ酸のバランスは、人がもっているものと非常に良く似ているともいわれていますので、良質なたんぱく質を効率的に摂るには最適な食品といえます。

桑の葉茶ってどんな味?桑の葉ほうじ茶を飲んでみた感想

桑の葉ほうじ茶はその名の通り、桑の葉を焙じて作ったお茶で、色はウーロン茶や一般的なほうじ茶と同じ茶色です。

煮出してすぐから甘く香ばしい香りがしてきます。

味は渋味や苦み、えぐみなどが一切なく、一般的なほうじ茶にとても近い味です。クセがまったくないので、食事やおやつなど、なんでも合いますよ^^

まとめ

古くから健康茶として飲まれていた桑の葉茶ですが、その健康効果は、さまざまな栄養素の相互作用で効果を発揮していると考えられます。

その豊富な栄養素を毎日のお茶として手軽に補えるのは嬉しいですね。

桑の葉の成分からは、抗酸化作用や抗ストレス、ダイエットや血流改善など様々な効果が期待でき、ノンカフェインですので妊活中や妊娠後も安心です。

優れた効果のある健康茶「 桑の葉茶 」を、妊活中のお茶として取り入れてみてはいかがでしょうか。