知ってた?サプリメントの錠剤と粉末の違い

こんにちは。日本ニュートリション協会公認サプリメントアドバイザーの長田かおりです。

突然ですが、世の中にサプリメントってどれくらいあるんでしょうか?原料や内容成分も様々で、その形状も色々なものがありますよね。サプリメントには、粉末、顆粒、錠剤、カプセル、ドリンクなどがありますが、効果に違いはあるのでしょうか?それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

サプリメントを購入する際の参考にしてくださいね。

サプリメントの形の違いによるそれぞれの特徴とは?

粉末タイプ

粉末タイプ

粉末は飲みにくい、というイメージがありますが、粒や錠剤タイプが苦手な人にとっては、粉末タイプがあるかどうかが購入の決め手になることもあります。

粉末は、原料を砕いただけのものと、乾燥して水分を飛ばしたものがあります。粉末のメリットは、成分の純度が高く、加工の際に損なわれる成分が少ないので栄養成分などを無駄なく取り入れられることです。

原料をそのまま砕いただけの粉末タイプは、エキスを抽出したサプリメントなどと違って、1日の必要成分量を補う場合、一回に飲む量が多くなるのが難点です。

錠剤やカプセルと違って、素材の味や風味がダイレクトに入ってくるため、クセの強い原料は飲みにくいですが、粒に固めるための添加物を使わないため、最も自然に近いサプリメントといえます。

粉末はサプリメントのなかで最も湿気に弱いので、品質を保つには保管方法や湿気対策はもちろん、商品によっては防虫対策も必要になります。

顆粒タイプ

顆粒タイプ

サラサラとした粉末と違って、小さな粒々がザラザラと入っている顆粒タイプは薬によくあるイメージですが、粉末よりも飲みやすく年配者には人気のある形状です。

小さな粒にするために糖類などの結合剤を使って粉末を結合させるので、多少純度が下がるのが欠点ですが、粉末と同じように熱加工が少なく成分が損なわれにくいのが特徴です。

顆粒タイプは錠剤やカプセルと違って、原料の風味を消すことができませんが、粉末に比べると、喉に張り付いたり、粉が広がってむせる、ということも少なく、粉も錠剤もどちらも苦手な人にはおすすめです。ただ、顆粒のサプリメント自体が少ないのが残念なところです。

錠剤タイプ

錠剤タイプ

世の中のサプリメントの大半が錠剤(粒)タイプと言われていますが、メリットは何といっても扱いやすさです。粉末や顆粒のように量を計る必要がなく、一日に何粒と目安量が書かれていてわかりやすく、持ち運びや携帯しやすいのも人気の理由です。

錠粒にするために、結合剤、崩壊剤、潤沢剤などが使われるため、そのぶん純度が低くなるのが最大のデメリットといえます。

自然食品から抽出した凝固剤を使っているサプリメントもたくさんありますので、錠剤タイプを購入するときは、商品裏面のラベルをチェックして添加物の有無や純度を確認することが錠剤選びのポイントです。

錠剤タイプは1個の大きさが規格によって決められているので、すごく小さいものはありません。小さ目の錠剤ならまとめて飲むことができますが、ちょっと大きめの錠剤だと喉に引っかかる感じがしたり、飲み込みにくいのが欠点ですね。

錠剤は粉末を固めているので、胃で溶かすために水分を必要とします。胃が弱い人が少ない水分で錠剤を飲むと、刺激で胃が痛くなることがあります。成分を効果的に吸収させるためにも、食後にたっぷりの水分で飲むのがポイントです。

錠剤のまわりがツルツルとコーティングされている場合、喉に引っかからずにツルッと飲めますが、高温で溶けて品質が劣化することがあるので、冷蔵庫で保管するなど湿気対策を万全にすることが大切です。

ハードカプセル

ハードタイプのカプセルは、固めのカプセルのなかに粉末や顆粒のサプリメントが詰まっています。カプセルに閉じ込めているので風味や苦みの強いクセのある原料でも味を気にせず飲むことができます。

カプセルの中身は粉末や顆粒なので、純度が高く成分が損なわれにくいのもメリットです。カプセル自体に着色することもできるので、美味しそうなイメージや商品としての外観をよくすることができます。

ただ、ハードカプセルは苦手・・・という方も多いのではないでしょうか。カプセルが大きいとなかなか飲みこめなかったり、喉にずっと引っかかっている感じがしたり、錠剤とは違う飲みにくさがあります。カプセルをわざわざ割って中身を取り出して粉末として飲んでいる方もみえます。

ただ、上手にスルンと飲めれば無味無臭なので味を気にせずにいつでも飲めるのがメリットです。カプセル自体は水分が少ないので湿気を吸ってしまうと品質が落ちることがあるので注意が必要です。

ソフトカプセル

ソフトカプセル

原料となる液体や粉末をゼラチンやでん粉などで包み込んだソフトカプセルは、お菓子のグミのような感じです。高熱加工を長時間することがないので成分を損なわず、内容成分の純度は高いですが、被膜の厚みによっては1粒あたりの純度が低くなるのが欠点です。

ソフトカプセルは色や形も様々につくることでき、ハート型や魚型などお菓子のようなカラフルなサプリメントもあり、サプリメントのなかで見た目が一番美しいといえます。そのため、女性用の美容サプリなどに多く使われています。

原料がゼラチンなどで包まれているので原料が空気に触れず品質が安定しているのもソフトカプセルの良いところです。胃のなかでゼラチンやでん粉が溶けることによって中身が出てくるので、多めの水分で飲むのがポイントです。少量の水分だと胃痛の原因になります。

一見美味しそうにみえるソフトカプセルは、子供が間違えて食べてしまわないように保管には注意が必要です。

ドリンク

ドリンク
サプリメントといえば錠剤やカプセルというイメージがありますが、ドリンクタイプのサプリメントもあります。医療部外品の栄養ドリンクとは違い、健康食品のドリンクは清涼飲料水に分類されます。

サプリメントのなかで最も純度が低く、長時間の熱処理の工程で成分が損なわれることがあります。

液体は酸化しやすく、原料の性質や保存期間によっては保存料や酸化防腐剤などが使われるのが最大の欠点です。そのため最近では、容器に充填する前に熱殺菌などで無菌にする方法も採用されるようになっています。

他の原料や香料を混合することによって飲みやすい加工がしやすく、美味しさでいえばサプリメントのなかでトップだといえます。また、体内での吸収がもっともよいのもドリンクタイプのいいところです。

容器を一度開けてしまうと、賞味期間内であっても風味の低下や微生物汚染、酸化などのおそれがあります。品質を保つためには冷蔵庫で保管し早目に飲みきってしまうのがポイントです。

まとめ

サプリ選び

サプリメントの形状によって、純度や凝固剤の有無、それぞれ飲みやすさなどが違ってきますが、純度にこだわるなら粉末、飲みやすさでいえばソフトカプセル、美味しさではドリンクタイプが人気です。

形状によって効果に差はありませんが、純度が低くなるとその分飲む量が増えたり、添加物の種類によっては大量に継続的に摂取しない方がいいものもあります。

本当に安心して飲めるサプリメントは「無添加で純度が高く飲みやすい天然成分のサプリメント」です。

サプリメントは食事から摂りにくい栄養を補うのが目的なので、サプリを続けるためには飲みやすい形を選ぶことが一番大切なことかもしれません。