妊活にオススメな「腹巻き選び」のポイント解説

妊活中の女性に多い「冷え」のお悩み。お腹を触ってみて「冷たい」と感じる方は、腸が冷えて体全体の巡りが悪くなっているかもしれません。血液の巡りが悪くなると、必要な栄養が行き届かなかったり、不要な水分や老廃物を溜め込んでしまい不妊の原因につながります。

女性ホルモンは、脳が血液中のホルモン量をチェックして、必要な時期にホルモンを分泌するようにコントロールしています。脳から出された指令は血液によって運ばれ、指令を受け取った卵巣が必要な量の女性ホルモンを分泌する仕組みです。

女性ホルモンを正しく分泌するためには、脳からの指令を卵巣がスムーズに受け取れるよう、冷えの改善や巡りを良くすることが大切になります。

女性の体は冷えやすい?

女性の体は、「妊娠・出産」に必要なエネルギーとなる脂肪を蓄えるために、下半身の皮下脂肪がつきやすくなります。皮下脂肪は赤ちゃんの部屋となる子宮を衝撃から守るクッションとなり、冷えから守る役割もあります。

皮下脂肪に保温効果がある一方で、脂肪は温まりにくいという性質も持っています。脂肪には熱を生み出す力が弱く、一度冷えてしまうと温まるまでに時間がかかるため、妊活中は皮下脂肪を溜めないようにしたいですね。

女性の下腹部には、子宮や卵巣器官などの性器官が密集しているため、血行不良になりやすいといえます。血液の巡りが悪くなると余分な水分や、老廃物が脂肪に溜りむくみやすくなります。下半身がむくんでいると、血液やリンパの流れを悪くしてさらに体が冷える原因になります。

女性は男性と比べて熱を作り出す筋肉の量が少ないことも、女性の体が冷えやすい要因の一つです。筋肉の量が多いと代謝がよくなり、熱で温められた血液が行きわたり、体全体を温めることができます。

お腹周りを温めることの大切さ

お腹周りを温める大切さ
妊活中に下半身の巡りが良くなると、子宮や卵巣へ栄養が行き届くようになり、脳からのホルモン分泌の指令をスムーズに受け取れるようになって妊娠する力が高まります。

巡りの良い体は妊娠への第一歩。妊活中の冷え対策には、脂肪のつきやすいお腹周りを温めてホルモンバランスを整えたいですね。

効果的に温める腹巻きとは?

運動して代謝が上がればお腹周りは温まりますが、お腹周りに筋肉をつけるのは大変です。今さら腹巻き?と思うかもしれませんが、腹巻きを着けることによって腸が温まると、血行が良くなり下半身の巡りが改善されます。

昔から冷えの改善には「4つの首を温める」と良いと言われています。4つの首とは、首、腰首、手首、足首です。腰首はお腹周りですね。とくに女性にとっては子宮や卵巣など大切な器官が集まるところですので、お腹から腰周りはしっかり温めることが大切です。

腹巻きといっても、今はたくさんの種類があります。コットン、シルク、ウール、ナイロン系など、それぞれ生地によって特徴が違います。自分にあったお気に入りの腹巻きを見つけるのも楽しいですね。

コットン(綿など)

一般的にコットンは肌触りがよく汗をきちんと吸ってくれる特徴がありますが、素材によってはストレッチ性や保温性が低いなどのデメリットがあります。オーガニックコットンなど上質な布地は安心して身につけることができます。

絹(シルク)

絹は汗をかいてもさらっとした肌触りで、薄手でも温まりやすいメリットがありますが、動物性の素材のためアトピーの方や、肌の弱い方には向かないというデメリットがあります。

ウール

ウールは他の素材に比べ、温め効果の高さはトップクラス。上質なウールは肌触りもなめらかで柔らかくメリットが多い素材といえますが、毛玉ができやすく縮みやすいなど、洗濯や取り扱いに手間がかかるものもあります。

ナイロン系

毛糸で編んだ腹巻きを見たことがあると思いますが、毛糸はナイロンで出来ているものが多く、よく伸びてよく温まるメリットがあります。ナイロン素材はチクチクしたり、汗を吸わないなどのデメリットもあるので、直接肌に着けるよりは、下着の上から着けて温めるといいですね。

他にも、備長炭入りやゲルマニウム、トルマリンなど、布地に特殊効果のある素材を織り込んだ腹巻きもあります。その効果は永遠ではなく、ある程度洗濯を繰り返すとなくなります。

腹巻きは冬だけ着ければいい?

冷え対策というと冬をイメージする方も多いと思いますが、夏は薄着やエアコンで知らず知らずのうちに体を冷やし、冬よりも体の内側を冷やしやすいといえます。

夏の冷えからお腹周りを守るには、腹巻きで体の中心をしっかり温めておくことが一番。内臓の血流が良いと子宮や卵巣の動きが活発になり、妊娠しやすいふかふかの子宮内膜を育てることにつながります。妊活中は夏も油断せずに冷え対策をしておきたいですね。

失敗しない腹巻き選びのポイント

失敗しない腹巻き選びのポイント

実際にお腹に巻いてみないと、温まり方や肌触りはわかりませんが、腹巻きを試着して購入することは少ないと思います。素材やサイズなど色々な腹巻きがあるなかで、購入するときのポイントをご紹介します。

生地を触って確かめる

直接肌に触れる腹巻きは下着と同じです。肌触りのチェックは一番のポイントといえます。

チクチクしたり縫い合わせがゴロつくと寝てるときも気になります。敏感肌の方はちょっとした縫い目でも痒くなったりしますので、裏の縫い合わせがフラットになっていて、サラッとなめらかな素材を選びましょう。

素材によって保温性にも差があります。いまは生地に様々な素材を織り込んだものがありますが、実際に手で触って温まり方を確認してください。

吸湿性をチェック

妊活中はオールシーズン腹巻きを着ける方も増えてきました。夏の冷房冷えからお腹を温めても、汗を吸わない素材だとベトベトして気持ち悪いですよね。厚着をする冬も汗をかいているので、吸湿性のない腹巻きは汗を冷やしてお腹が冷えてしまします。せっかく腹巻きで温めるのですから、吸湿性に優れている腹巻きを選ぶことが大事なポイントといえます。

サイズはあってる?

実は腹巻きのサイズ感選びって難しいんです。ウエストがくびれているところで測っていいのか、腰周りで選んだ方がいいのか、迷ったことありませんか?伸びる素材で作った腹巻きは、フィットしやすいですが、伸縮性がありすぎるとズレやすくもなります。

腹巻きは肌に密着させて温めますが、締め付けすぎると血行が悪くなるだけでなく、胃腸の動きが悪くなったり、締め付けで気持ち悪くなる原因にも。

逆にブカブカすぎるとズリ落ちが気になってしまいます。また、縦の長さが短すぎるとお腹の真ん中で丸まってお腹全体が温まりません。

お腹の周りのサイズと、身長によって、自分にベストな腹巻きの縦横のサイズは変わってきます。快適に着用するためには、下着を選ぶのと同じ感覚で腹巻きも選んでくださいね。

生地と縫製

腹巻きって何枚くらい持っていますか?普通は1、2枚を交互に洗濯しながら繰り返し使う方が多いのではないでしょうか。腹巻きは一日中着けていることが多くまさにヘビロテ状態。だからこそ、しっかりとした生地と丁寧な縫製がポイントになります。

日本製の腹巻きは、縫製が確かなものが多く、検針もしっかりしてあり、「安心の日本製」がブランドになっています。

縫製がきちんとしていると、洗濯を繰り返しても丈夫でへたりが少なく長持ちします。一日中オールシーズン着ける腹巻きは、上質な製品を選びたいですね。

まとめ

妊娠しやすい体づくりの基本は、温めて巡りをよくすること。お腹周りをしっかり守って赤ちゃんを迎える準備をしてくださいね。ハッピーブレッシングでは、妊活中に安心して使える腹巻きはもちろん、温めグッズやホルモンのためのサプリなど、赤ちゃん待ちのご夫婦をサポートするアイテムを多数取り扱っています。ぜひのぞいてみてください。

コメント