カムカムの栄養素と効果!女性に嬉しいフルーツ

世界のスーパーフード、スーパーフルーツとして注目されているカムカムは、2015年には日本スーパーフード協会で「国内で優先的におすすめしたいスーパーフード10選」に選ばれています。

アマゾン川流域で育つカムカム畑には、大自然の栄養が流れ込んできます。カムカムのように過酷な環境で育つ植物は、強い紫外線や気温に負けないように自ら栄養を作り出します。

この栄養に、ビタミンCだけでなく、女性にうれしい美容や健康にいい成分がたっぷり含まれています。

ビタミンCだけじゃない!カムカムの栄養成分

カムカムの栄養成分

ポリフェノール、フラボノイド

カムカムの赤い皮にはポリフェノールがたっぷり含まれています。

抗酸化物質のポリフェノールは、体のサビと言われる活性酸素を除去することで知られています。

カムカムがスーパーフードと呼ばれている理由の一つが、世界一のビタミンCと、皮や種に含まれるポリフェノールの2つの高い抗酸化物質を含んでいるからなんです。

アミノ酸

ホルモン分泌に欠かせないアミノ酸は、生理不順やPMSのお悩みにもおすすめです。

お肉やお魚など、たんぱく質には比較的バランスよく含まれている栄養素です。特に加熱した卵はアミノ酸のバランスが優れています。

カムカムをホールフード(カムカムの皮、果実、種ごと)でパウダーにしたカムカムパウダーには、アミノ酸20種類のうち18種類が含まれていることが分かりました。

さらに、体内で合成できない必須アミノ酸9種類が揃って含まれていることが分かったんです!これぞスーパーフード!

ミネラル

5大栄養素のひとつ無機質(ミネラル)として、ビタミンのようにごく少量でも体の機能を維持するために働く栄養素です。

鉄、カルシウム、ナトリウム、カリウム、銅、亜鉛などを総称してミネラルと呼ばれていて、酵素と結びついて代謝や消化吸収を助けます。

他の栄養素をしっかり摂っていても、ミネラル不足は体のバランスが乱れる原因に。

ワカメや海苔などの海藻類や牛乳、卵など、日本人には馴染みのある食材に含まれるため、1日のどこかで和食を取り入れたいですね。

ジャンクフードはミネラル不足になりやすいため、世界的に和食が注目されているのも納得です。

その他ビタミン

ビタミンB6やビタミンB12、ビタミンE、βカロテンなど、ビタミンC以外のビタミンも含みます。ビタミンB6やビタミンB12は、同じビタミンB群の葉酸の吸収に必要な栄養素です。

正確な遺伝情報を伝えるために必要な葉酸は、赤ちゃんの成長のために妊娠前~妊娠中の女性に勧められる栄養素ですが、

皮膚や髪、体の中も日々細胞の生まれ変わりによってつくられるため、美容や健康維持にも役立ちます。

全ての女性に、葉酸を含めビタミン全般をバランスよく補って欲しいですね。

クエン酸

クエン酸は柑橘類や梅干しなど、酸っぱい食べ物に含まれます。

酸化ストレスを受けた細胞のダメージを修復するサイクルに必要な栄養素として、疲労や活性酸素除去の効果も注目されています。

また、血液をサラサラにする働きがあり冷え性の改善にも効果が期待できます。

疲労物質と言われる乳酸を取り込んでエネルギーに転換してくれたり、食欲のない時にクエン酸を取ると、胃酸の分泌が活発になって食欲増進に繋がるなど、体の元気を取り戻してくれる栄養素です。

酸っぱいものが食べたい!という時は、体が疲れているサインかも?

カムカム成分が注目される理由とは?

カムカム成分が注目される理由

栄養豊富なカムカムには、こんなにうれしい効果があるんです♪

疲労回復

疲労物質を取り除いてくれる効果から、レモンの美容ドリンクも人気ですよね。老廃物が溜まっている時は、クエン酸で疲れの原因を流してあげることが大切です。

美容にそこまで興味はないけど、元気に過ごしたい!という女性もみえると思います。ビタミンサプリメントやカムカムパウダーで、カムカムパワーを取り入れると、いつも間にか気持ちも明るくキレイに過ごせているかも!

ストレス対策

ストレスを感じたときに分泌される抗ストレスホルモン(コルチゾール)の合成に必要なのがビタミンCです。

抗ストレスホルモンを分泌する副腎にはビタミンCを溜めていますが、ストレスは精神的なものだけではなく、寒さや暑さ、病気、生活環境の変化なども私たちの体にとってはストレスです。

ストレスに負けない体づくりには、ビタミンCを日々補っておくことがコツです。

風邪予防

風邪予防
ビタミンCは、ウイルスと戦う白血球のひとつ好中球を活性化する役割があります。

免疫機能を強くしてくれるビタミンCで、風邪知らずな体に。風邪を引いた時はちょっと多めにビタミンCを補いましょう。

 

不妊のお悩みにも

カムカムのビタミンCや、皮や種などに含まれるポリフェノール成分は抗酸化作用が高く、細胞の老化が原因の卵子の質を高める効果があるといわれています。

抗酸化食品は他にもありますが、世界一のビタミンCに加えポリフェノールのダブル効果で高い抗酸化力が期待できます。

さらに、黄体ホルモンをつくる原料になるビタミンEは、生理周期、子宮内膜、着床など黄体機能のお悩みに病院で処方されることもある栄養素ですが、ビタミンCも一緒に補うことがベストです。

ビタミンCはビタミンEの吸収を高め、上手に使われなかったビタミンEを再利用してくれる働きもあります。妊娠を希望する女性には確実に補ってほしいですね。

まとめ

カムカムには美容以外にも女性にうれしい効果があったんですね。

日本ではフレッシュなカムカムの実は手に入りませんが、カムカムの実だけでなく皮も丸ごと加工されているカムカムパウダーは、自然に近い状態で有効成分を摂り入れることができるため、加工食品やサプリメントなどを上手に活用していきたいですね。

コメント