漢方薬は妊娠しやすい体の土台づくりに!漢方薬の基礎知識

妊娠に向けての体づくりの一環として、お灸や鍼、漢方薬など東洋医学を取りいれるケースも増えています。ですが、お客様から漢方薬の話を伺うと「高額で続かなかった」「効果があるのかわかりにくい」とのお声も。

不妊治療中の漢方薬は、どのような役割を担ってくれるのでしょうか。

不妊と漢方薬の関係

漢方薬の基礎知識
「女性ホルモンを分泌する漢方薬」は残念ながら存在しません。漢方薬はhcg注射やクロミッドのように、これを飲めば○○が分泌される!といったものではないからです。

漢方薬にできるのは、体調を整え妊娠しやすい体の土台づくり

不妊治療の技術は日々進歩していますが、治療の効果を受容できる土台が無ければ、薬の副作用で体調不良になってしまうことも少なくありません。漢方薬などで妊娠しやすい体づくりをすることは、病院での治療の効果を助ける役割も担っています。

漢方薬ってなに?

漢方薬とは天然の生薬を2種類以上組み合わせたもの。ルーツは紀元前の中国ですが、日本にわたって日本人の体に合うように改良が積み重ねられ、その薬効や安全性が確かめられてきた日本独自の医学です。

漢方=漢方薬ではなく、気功や整体、鍼灸などを含め東洋医学の広い意味で使われています。

漢方薬では、【気・血・水】や【肝・心・脾・肺・腎】の五臓六腑のバランスから体の不調を改善します。漢方の指す五臓六腑は臓器そのものではなく、各々の働きも含めた意味として捉えます。

不妊の原因は、漢方では「血」や「腎」が影響していると考えられています。「血」は主に冷えに繋がり、「腎」は生殖や代謝を司る部分です。どちらも体の巡りに影響していそうですね。中医学では不妊の大きな原因は冷えとも言われています。

冷えが不妊につながる理由

冷えを改善するのは、”質のよい卵子や子宮内膜を育てるため”です。

年齢と共にどうしても卵子の老化は進んでしまいます。卵子を若返らせることは今の技術ではできませんが、

衰えるスピードを緩やかにすることはできます

抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンEなどの栄養を摂ることもお伝えしていますが、さらに冷えを改善することです。

卵子の質には卵巣機能が大きく関係しています。卵巣機能の働きを支えているのは血流量です。卵巣は血液からしか栄養をもらうことができません。

冷えで血流が滞って血流量が低下してしまうと、卵巣への栄養補給が滞って十分な働きを発揮することができず、卵子の質に影響します。

冷えが不妊に影響するといわれているのはこういう理由からです。

病院では冷えを改善する治療はありません。適度な運動や食背生活の見直しも大切ですが、サプリメントや漢方も、副作用がなくこれらで血行が良くなるのであれば、積極的に摂りいれるべきかもしれません。

漢方薬を使った周期療法とは

漢方薬を使った周期療法とは
不妊における周期療法は、月経周期のメカニズムと漢方薬を合わせて女性の周期を整えていく方法です。月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に分けて、それぞれの時期に合った漢方薬で卵巣や子宮の質を整えていきます。

月経期(周期始めの3日~1週間)

不要になった子宮内膜を月経血として排出する時期。新しく質の良い子宮内膜をつくる前段階です。血の巡りを良くして瘀血(流れの悪くなった血液)を取り除く漢方薬が処方されます。

■処方される漢方薬の一例

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・逍遥散(しょうようさん)

卵胞期(月経期後の1週間~10日)

きれいになった子宮内膜へ血液を送って、新しい子宮内膜を作り始めます。また卵巣では卵胞が育つ時期。子宮と卵巣に栄養が行き渡るように、血液を補う漢方薬を用います。

■処方される漢方薬の一例

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・六味地黄丸(ろくみじおうがん)

当帰芍薬散は病院でも処方されることの多い漢方薬。血流を改善しホルモンバランスを整えます。

排卵期(周期中間の数日)

排卵して黄体を作り、高温期へ移行する時期。ホルモンの移行をスムーズにする漢方薬を用います。

■処方される漢方薬の一例

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・逍遥散(しょうようさん)

黄体期(周期後半の2週間)

子宮内膜の環境を整える時期。高温期の維持と受精卵の着床と発育を助けるため、温補腎陽と呼ばれる漢方を用います。

■処方される漢方薬の一例

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

その他不妊治療中に処方される漢方薬

血流が少ない、滞っている

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

十全大補湯は血流が少ない、貧血気味の方に処方されることが多い漢方薬です。桂枝茯苓丸は血流が滞っている方向け。血液をサラサラにして、流れを効果があります。朝スッキリ起きられるようになった、体のだるさがなくなったというお声もあります。

年齢のお悩みに

八味地黄丸(はちみじおうがん)

東洋医学では老化防止に有名な漢方薬。卵子のお悩みや、年齢は若くても子宮・卵巣機能の低下が気になる方のホルモンバランスをサポートします。

男性の精子のお悩みに

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

精子の数や運動率に処方されることがあります。もともとは胃腸の弱い方や漢方の「気」の部分を活発にあうるための処方薬です。性欲減退気味、やる気や体力が無い男性におすすめです。

基本的にはホルモンバランスや卵胞の成長など生殖能力を司る「腎」の働きを助ける補腎養血と、血の巡りをよくする活血を柱に個々の体調にあわせて漢方薬を活用していきます。周期に合わせた方法は、女性にとっては取り入れやすく自然な治療かもしれませんね。

では、漢方薬についてはどこで相談したらいいのでしょうか?

漢方薬の選び方について

最近ではドラッグストアでも漢方薬の取り扱いが増え、ずいぶん身近なものになってきました。漢方薬は穏やかな効き目で副作用が少ないイメージですが、効果が早いものもあり、副作用も全くない訳ではありません。

何となくよさそうだから…と始めると、あまり効果が無く体の不調につながる場合もあります。漢方薬は医師、薬剤師、登録販売者が取り扱うことが出来ますが、資格があるからと言って漢方薬の知識が十分でないことも。

漢方を用いた周期療法は、漢方薬局で相談することが多いです。自分の症状にしっかり耳を傾けてくれる場所で処方してもらいましょう。

また漢方薬は多くの種類が配合されいて、内容が分かりにくいことも。漢方の内容をひとつひとつ提示できる薬局で処方してもらってくださいね。

漢方薬局で相談

漢方は高いから効く!と錯覚してしまいますが、保険適用の漢方薬と似ているものも中にはあります。日本では148種類の漢方薬が健康保険適用されていて、全病院の約8割が漢方薬を処方しているという調査もあります。

婦人科や不妊治療専門病院での取り扱いは年々増えているため、漢方薬を希望する場合はかかりつけの病院で相談するのもひとつす。

最近では漢方外来を設置する病院もあります。それだけ漢方が注目されるようになりましたが、中には診療料以外に予約料が必要な場合や、自由診療の病院もあります。事前の確認を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

不妊~妊娠~出産という目的は同じでも、病院で部分的に治療する西洋医学と、体全体のバランスを重要視する漢方薬を含む東洋医学では、アプローチの方法が違います。

最近では漢方薬を処方する病院も増えています。漢方薬の効果が期待できない原因もあるので、どちらか一方よりも、リズムを整える体づくりと部分的な治療を融合させることが妊娠への近道かもしれません。

コメント