妊活中の冷え対策に「生姜」が最適である理由

生姜は昔から薬味や漢方薬として広く知られてきた万能野菜。冬が近づくと必ず注目される生姜はなんとなく気になる存在。長年親しまれているのは、きちんとした理由があります。

体を温める効果が一番ピンときますが、生姜には他にも秘められた力がたくさんあるんです。

冷え対策に「生姜」が最適

こんなにあった!生姜のちから

生姜が効果を発揮するのは、ピリッとした辛み成分。この辛み成分が食べ方によって変化するおかげで、体を温めるだけでなくダイエットや自律神経の調整、むくみなど体のあらゆる悩みを解決してくれるんです。

発熱時や風邪予防にジンゲロール

ジンゲロールは生の生姜に含まれる成分です。すりおろして薬味として使われることが多い生の生姜は、体の熱を逃がしたり、免疫力の働きを活発にしてくれるため、風邪の引き始めから発熱時までサポートしてくれる成分です。

体の熱を逃がす

ジンゲロールには、末梢の血液循環の滞った血管を広げ、体の表面を温める作用があります。代謝が良くなるため一時的にポカポカ温かくなりますが、体の内側の熱を逃がして発汗させるため、徐々に体の熱を冷まします。気温の高い夏場や風邪の引き始めに摂ると効果的です。

生姜=体を温めるわけではないと言われるのは、このようにジンゲロールが体を冷やす作用があるから。冷え性の方には逆効果ですね。すりおろした生姜を冷奴やそうめんと一緒に食べるのは、暑い夏を乗り切る昔ながらの知恵なんです。

免疫力を上げる

ジンゲロールは免疫細胞を刺激して白血球に働きかけます。血管を拡張させて一時的に体温を上げるため、酵素や免疫細胞の働きもより活性化し、細菌やウイルスに強い体を作ってくれます。風邪予防や発熱時にもってこいの成分です。

食べものの殺菌・消毒に

ジンゲロールには殺菌・消毒効果もあります。お寿司についてくるガリは、生魚の生臭さを消し、食中毒を防いでくれます。

頭痛や吐き気に

頭痛や嘔吐は神経伝達物質のセロトニンが深くかかわっています。ジンゲロールには抗セロトニン作用があるため、不快な症状を緩らげてくれます。

ジンゲロールの効果的な摂り方

ジンゲロールは酸化しやすく熱に弱いのが特徴です。食べる直前にすりおろすようにしましょう。

チューブの生姜にも成分は含まれていますが、保存料や調味料が含まれていて、かなり絞り出さないと生姜そのものの効果は実感できません。

どちらかというと、パウダータイプの生姜の方がおすすめですが、生の生姜を使った方が、生姜の成分を有効的に体に摂りいれることが出来ます。

生姜は辛み成分が刺激物になるため、すりおろしショウガは小さじ1杯くらいが目安です。

皮ごとスライスした生姜をはちみつ漬けにすると、生姜の酸化も防いでくれてジンゲロールが長持ちします。レモンやゆずと漬け込んで、そのまま食べたり生姜成分を含んだはちみつをお湯に溶かせば、カゼ知らずの体に。

熱湯を注ぐとジンゲロールの成分がなくなってしまうため、ジンゲロールを活かしたい時は、ぬるめのお湯がポイントです。

冷え性さんにショウガオール&ジンゲロン

冷え性さんにショウガオール&ジンゲロン
ショウガオールとジンゲロンは、ジンゲロールが変化した成分。生姜を乾燥・加熱することでショウガオールとジンゲロンが多くなります。体の深部の熱を作り出して温めてくれるため、体の内側からぽかぽかに。冷え性でお悩みの方は、だんぜん乾燥や加熱した生姜が向いています

体の中心から温める

体の内側の熱を作り出すことに加えて胃腸の血行を促す効果があるため、体の中心から温まります。冷え性でお悩みの方やお腹周りを温めたいベビ待ちさんに摂ってほしい成分です。

頭痛や生理痛に

ショウガオールはプロスタグランジンというホルモンの働きを抑えます。プロスタグランジンは生理痛の原因になる物質。血液をサラサラにして内臓が温まるため、相乗効果で痛みが軽くなります。

脂肪を分解!むくみもスッキリ

脂肪にいいのはジンゲロン。ショウガオールより少ない成分ですが、代謝を上げて脂肪を分解する力が高まります。また内臓が温まり血液がサラサラになることで、水分や老廃物が流れやすく浮腫みも解消。

分解した脂肪を消費するため、運動の前に温めた生姜を摂取すると脂肪燃焼につながります。

ショウガオールの効果的な摂り方

すりおろした生姜をお湯や紅茶に溶かせば、ジンゲロールがショウガオールに変化し、体を温める成分に早変わり。ここではしっかり沸かしたお湯を使うのがポイントです。定番の生姜焼きは豚肉のビタミンB群と生姜の成分で疲労回復効果があります。

アロマオイルでも注目の生姜

生姜は食べるだけでなく、アロマオイルとしても注目度が高い食材です。皮の近くに含まれるジンギベロールという芳香成分が、食べた時と同じように代謝を上げて、食欲増進や消化促進してくれます。

ゲラニオールというローズに含まれる成分も含まれていて、自律神経や女性ホルモンにも働きかけてくれます。

ウルトラ蒸し生姜はショウガオールが400倍!!

最近注目されている「ウルトラ蒸し生姜」。ためしてガッテンでも紹介されたウルトラ蒸し生姜とは、蒸して乾燥させた生姜のこと。このひと手間の加工で、体を温める成分ショウガオールを余すことなく引き出してくれるんです。蒸し生姜にすることで、ショウガオールがなんと400倍に!(すごい!)

生姜の成分は皮の下に集まっているため、皮ごとスライスするのがおすすめです。

生姜は皮ごとスライス

ウルトラ蒸し生姜の作り方

温めパワーがアップするウルトラ蒸し生姜は、自宅でも簡単に作ることができます。

  1. 生姜を1~2㎜にスライスします。繊維の目に沿ってスライスすると見た目がいいです。
  2. 蒸し器で30分程蒸します。芳香成分のレモンのような香りから甘い匂いに変わったら蒸しあがりです。
  3. 室内で1週間放置するか、1日天日干しします。
  4. 密閉容器に入れて常温で保存します。3ヶ月くらいは持つそうです。

そのままでもお使いいただけますが、ミキサーで粉末にして飲み物や鍋料理などにも役立ちます。蒸し生姜を食べると3時間は温め効果が続きます。出来れば毎食摂りたい食材ですね。

最近では、手軽に使える蒸し生姜シロップも人気です。有機の生姜を使ってるシロップもあるため、体に優しいものを選んでくださいね。