妊活中のシャンプー本当にそれで大丈夫?オーガニックでも安心じゃない!

妊娠を望む女性や妊活中は、毎日の食事に限らず肌に触れるものはなるべく安心できるものを選びたいですよね。

そのなかでも、シャンプーやリンスなどのトリートメントは、選び方がいまいち分からないアイテムの一つではないでしょうか?

パッケージに書かれている成分を見ても、何がなんだかよく分かりませんよね。オーガニックと書いてあっても、すべての成分がというわけではなく、オーガニック成分が少しでも入っていれば、オーガニックシャンプーと記載することができてしまいます。

妊活中、妊娠中、授乳中は、とてもデリケートな期間ですから、オーガニック、無添加、ナチュラルといった言葉だけで購入してしまうのはちょっと危険かもしれません。

頭皮と子宮はつながっている?経皮毒とは?

妊活と頭皮の関係とは?

女性の頭皮と子宮は、密接に関係していると言われ、頭皮から吸収された化学物質は脳や子宮に蓄積し、吸収されるという説があります。

妊娠を望む女性にとって、皮膚から毒性を取り込む「経皮毒」についてもきちんと考えておきたいですね。

頭皮と子宮がつながっている説については、人間には解毒作用があるから気にしなくても大丈夫、という見解もあります。

経皮毒については、明確な根拠が立証されているものも否定されているものもない、というのが現状です。

では、皮膚からの影響を無視していいのか、といわれると悩むところです。皮膚に貼るホルモン剤や、肌から浸透して内側から整える化粧品もあるくらいですから、皮膚から化学物質が吸収されて、体に何かしら作用するという可能性は十分に考えられます。

産婦人科医のなかには、皮膚からの化学物質が婦人病を引き起こす可能性があるとして、シャンプーや洗剤などといった日用品からの経皮吸収に注意を促している医師もいます。

悪い影響があるという根拠がなくても、妊活中や妊娠中など大切な時期は、できるだけ化学物質が入っていないヘアケア剤を選びたいですね。

シャンプー選びはこの3つがポイント!

どんなシャンプーを選べばいいの?

シャンプーやトリートメントを選ぶときに一番重要にしているポイントは何でしょうか?

デリケートな時期ではないときは、洗い上がりや泡立ち、香りなどで選ぶというのもありだと思いますが、妊活中や妊娠中は「成分」にこだわって選びたいですね。

ヘアケア剤を選ぶときにチェックしたいポイント

・石油系界面活性剤不使用
・アミノ酸(弱酸性)であること
・ノンシリコン(シリコン不使用)

界面活性剤とは?良くない成分は何?

界面活性剤は、大きく分けてアミノ酸系、高級アルコール系、せっけん系があります。水と油のように互いに混ざり合わない物質でも、界面活性剤を加えると上手く混ざって汚れを落とす役割を果たしてくれます。

天然のアミノ酸系シャンプーは、皮膚に近い弱酸性の成分で洗うので、刺激はほとんどないのが特徴です。皮脂を落とし過ぎることなく、頭皮を揉むようにじっくり洗うことで皮脂や汚れを吸着して落としてくれます。

どの界面活性剤が使われているか、シャンプーやトリートメントのパッケージをチェックしてみてください。

アミノ酸(OKな成分) グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシン
高級アルコール系(NGな成分) ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸アンモニウム

知ってるようで知らないシリコンとノンシリコン

最近は「ノンシリコン」のシャンプーも多いですので、シリコンが何となく悪いんだろうな~というのは感じますよね。

シャンプーに含まれるシリコン剤は、髪をコーティングしてツルっとした髪触りにする化学物質の成分です。

シリコンは、髪や頭皮に薄い膜を張ってダメージから守る目的で使用されていますが、髪に残りやすく毛穴をふさいでしまうため、頭皮が呼吸できず、髪に栄養がいきわたらない原因になります。

市販のノンシリコンシャンプーには、ほかのコーティング剤が入っていたり、セットのトリートメントにシリコンが入っていることも多いので注意が必要です。

シリコンの人体への良し悪しは諸説ありますが、間違いなく言えるのは、「環境への問題」です。

シリコンは微生物が分解できない化学物質なので、川や海が汚染されていくことになります。

自然に還らない素材を肌や髪につけるのは、私たちの体にとっても良くないですよね。

NGなシリコン成分としては、メチコン、シロキ、シリル、シラン、ポリマーなどです。○○メチコンなどには注意しましょう。

妊活中もカラーリングやパーマは良くない?

妊活中もカラーリングやパーマは良くない?

妊活中はカラーリングくらい大丈夫なように思いますが、美容院で必ず聞かれるのが「ヒリヒリしないですか?」という言葉。

弱酸性の頭皮に、アルカリ性の薬剤を使用するため、頭皮にダメージを与える原因になり、好ましくない成分が頭皮に残ってしまう可能性もあります。

美容院によっては、根元から1mmあけて、頭皮にカラー剤がつかないように染める方法もあります。きちんとカウンセリングしてくれる美容院で相談してくださいね。

毎日安心のシャンプーは絶対コレ!99%が自然成分。リンスなしで潤サラ髪へ

無添加シャンプーのuruotteは、なんと99%が自然由来の成分から作られています。

成分へのこだわりも徹底していますが、洗い上がりの素晴らしは無添加シャンプーのなかでは断トツでは無いでしょうか。

洗浄成分にホホバオイルを使い、しっかり潤うのにサラサラの仕上がりに。使うたびに本物の美髪へと近づいていきます。

泡立ちもよく、少量でしっかり洗って汚れを落とすことができますので、頭皮が脂っぽい方も、乾燥肌の方も、頭皮に負担をかけることなく毛穴の中からすっきり綺麗にしてくれます。

そして一番のポイントは、リンスやトリートメントが必要なし。

トリートメント代の節約にもなり、シャンプー1本のシンプルケアは忙しい女性にとって嬉しいポイントですね。

詳しくはWEBをチェックしてくださいね!

妊活におすすめの無添加シャンプー 通販
頭皮を健康にして美髪に導く「uruotte」はオーガニックホホバオイルを使用した髪に優しいアミノ酸系シャンプーです。99%がナチュラル成分でつくられたノンシリコンの無添加シャンプーは、トリートメントが必要ありません。天然の保湿成分でママや赤ちゃん、子供から大人までこれ1本で全身が洗えます。

まとめ

頭皮ケアは、顔のスキンケアと同じです。顏につけたくない成分が入っているシャンプーやトリートメントはできるだけ避けたいですね。

妊活中は、アミノ酸(弱酸性)、石油系界面活性剤不使用、ノンシリコンで髪に優しいシャンプーを選ぶと安心です。

お湯でしっかりすすぐ「湯シャン」だけでも、70~80%の汚れは落ちます。

お酢やオリーブオイルなど、食べても安全な成分で髪をケアする方法もあります。

市販のシャンプーやトリートメントのほとんどが化学物質が含まれていますので、安心成分のヘアケア剤を選んで、赤ちゃんを迎える準備をしたいですね。