妊活中のお酒・飲み会の上手な断り方

妊活中にお酒の場へ誘われてしまった。妊活あるあるのひとつですね。

とくに薬を飲んでいるときや、大事な治療が控えているときはお酒なんて飲んでいられません。

私も妊活中は、規則正しい生活を心掛けているときに限って飲み会に誘われることが多く、お断りするときの言葉選びにずいぶん悩みました。

お互い嫌な気持ちにならないよう上手にお断りしたい。妊活中と明かさずに上手にお断りしたい。

そんなあなたへ、妊活中のお酒・飲み会の上手な断り方を詳しくご紹介します。

妊活中の飲酒はなんとしても避けたいもの。妊活中の飲酒のリスクもおさらいし、アルコールの誘惑に勝ちましょう。

妊活中のお酒のリスクを復習しましょう

妊活中のお酒のリスクを復習しましょう

お酒の飲み過ぎは、妊娠を望む夫婦に悪い影響を与える可能性があります。

女性の飲みすぎは月経に影響し、無月経になってしまうことも。無月経が長くつづいてしまうと、女性ホルモンの低下も招きます。

女性ホルモンの乱れにより排卵が無い周期が続くと、妊娠を望んだときに子どもを授かるのが難しくなります。

アルコール成分は体には異物ですので、老化を促進させる活性酸素を発生させてしまいます。

健康な妊娠を目指すためには元気な卵子と精子をつくることが欠かせません。

また、お酒を飲み過ぎてしまうとアルコール依存症になるリスクもあります。

アルコール依存は精神障害と合併して起こることが多く、妊活どころの話ではなくなってしまうでしょう。

健康なくして、子どもは望めません。お酒はたしなむ程度にして、健康管理を徹底していきましょう。

妊活中は禁酒しないとダメ?適量とは?
お酒は不妊の原因になる?という疑問にズバリお答えします!妊活中は禁酒しないとダメ?妊活中のアルコール量についてわかりやすく紹介しています。妊娠に向けて質の高い卵子と精子をつくるための参考にしてくださいね。

妊活中の上手なお酒の断り方をご紹介!

妊活中のお酒の断り方

妊活中のお酒のお誘いを上手に断れるよう、おすすめの断り方をご紹介します。

理由別に分けてありますので、自分に合った断り方を選んでみてくださいね。

いくつかの理由を活用することで、角を立たせずにお断りができますよ。

体調を理由にお断り

体調が悪いことを理由に断った人へ、無理に飲ませようとする人はいないでしょう。

日程がまだ先の場合は、胃や肝臓の不調を訴えることをおすすめします。

体調不良から、薬を飲んだばかりだと伝えることで、アルコールは勧められないと考慮してもらえます。

〈例〉

・最近、体調が悪くて

・薬を飲んだばかりなので

・胃や肝臓の調子が良くないので

先約を理由にお断り

先約があることを理由にお断りしましょう。

先約と言っても、おでかけだけでなく美容室や歯医者、宅配便の受け取りなど。

時間を指定できるものほど活用しやすいです。

〈例〉

・他にお誘いがあって

・荷物の受け取りをしないと

・美容室に予約を入れているので

飲めない状況を作ってお断り

いつも一緒に飲むメンバーでなければ、飲めない状況を作っておくことも断るコツです。

下戸だから、酒癖が悪すぎて、今日はマイカーだから…など。

ドクターストップは、いつも一緒に飲むメンバーにも活用できるでしょう。

〈例〉

・お酒にめっぽう弱くて

・車で参加しているので

・ドクターストップかかってて

・お酒と合わせちゃいけない薬を飲んだから

家庭の事情を理由にお断り

家の事情や予定により、お断りするのも1つの手です。

親戚の集まりや町内行事、夫を理由になど。

夫を理由として活用するときは、夫の印象を下げかねませんのでお気をつけくださいね。

〈例〉

・親戚の子供を預かることになって

・前回の飲みの後、夫に怒られてしまって

・お義母さんが来るので

・大きな支出が立て込んで厳しい

妊活中の上手なお断りのコツとは

お断りをするにしても、いつも断っていると嫌な顔をされてしまうことも。

お互い気持ちよくお断りの話ができるコツをご紹介します。

お断りプラス一言で角の立たない断り方に

お断りの言葉だけで話を終えず、1言添えることをおすすめします。

「ごめんなさい、体調が悪くて…。また今度、食事に行こうね」

「ドクターストップがかかっててごめんなさい。解禁したら飲みに行こうね!」

など、ポジティブな1言を添えることで印象がガラっと変わりますよ。

ポジティブに話を終えると角も立たないでしょう。

たまにお詫びの差し入れをしてみる

お断り続きになってしまうと、気まずい雰囲気になってしまいますよね。

そんなときは、甘いものなど差し入れをしてみましょう。

お詫びの言葉とともに、お茶会のお誘いをするのもおすすめです。

飲み会の埋め合わせができれば、誘ってくれた相手の不満が緩和されるでしょう。

妊活中のお酒や飲み会を断るときは下手にきっぱりと

妊活中であることを、明かさずにお断りするのは心苦しいものです。

申し訳なく思い、押し負けないよう気をつけましょう。

お断りは下手に出ながらも、きっぱりと伝えることが大切です。

コメント